HOME>オススメ情報>遺品は残すものと処分するものを明確に決めていくことが大切

遺品はプロに整理してもらおう

ダンボール

遺品整理を福岡で考えている方は、自身で挑戦するよりもプロに依頼するのが得策です。例えば遺言書がある場合は、その意向に沿って整理していく必要があります。遺品を分別する際には、種別や大きさを考慮して分けていくのがコツです。貴重品や骨とう品が出てくることは多いので、信頼できる遺品整理会社を選びましょう。遺品は形見分けする、不用品として処分する、家庭内で再利用するなどの方法があり、ここは依頼主と遺品整理会社が相談して決めていきます。遺族だけで整理を進める場合ですと、残すかどうか判断するのが難しい状況に直面することが多いため、プロの助言を受けながら決めていくのが得策です。

不用品回収よりも高額になる

遺品整理の相場は不用品回収と比べて高くなることが多く、これは整理するうえで分別作業を慎重に進めるべき必要があるからです。故人の思い出品である遺品はすべて遺しておきたいという遺族が少なくありませんが、ある程度整理を進めていかなければ部屋の再利用が難しくなります。具体的な相場は福岡の遺品整理会社によって異なり、例えば1LDKの基本料金は5~10万円以上となっています。遺品の量やスタッフの人数、場所などの条件も費用に影響してくるので、まずは見積もりを受けてから詳細料金を確認する流れが一般的です。

価格とサービスのバランスで選ぶ

福岡で遺品整理会社を見つけるとき、価格で比較する人が多いでしょう。例えば、同じ面積・間取りでの作業であれば、料金は安ければ安いほどお得だと感じるはずです。しかし価格だけを重視してしまうと、サービスが不十分な会社を選んでしまう可能性があります。本来であれば時間をかけて分別するべき遺品を、不用品のように扱われるのは不本意でしょう。故人と遺族への配慮をせずに、素早く整理してコストを削減することを重視する会社もあるため、サービス内容にも着目する必要性があるわけです。

内部1テキストリンク1

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-1

内部1テキストリンク2

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-2

内部1テキストリンク3

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-3

内部1テキストリンク4

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-4

内部1テキストリンク5

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-5